nanacara

About nanacara

ナナカラについて

nanacaraは、てんかん発作をその場で簡単に記録することが可能であると共に、服薬状況や発作頻度など日々の情報を管理し、家族や医師と共有できるスマートフォンアプリです。
その誕生のきっかけは、2018年1月に行った患者ご家族とてんかん専門医の会話で出された「スマホでもっと簡単にてんかん発作を記録できたら、診療の役にも立つし、日々のケアや生活にゆとりを持ってのぞめるかもしれない」というものからでした。

nanacaraについて

その後2年以上にわたって患者ご家族の集まりやワークショップに何度も足を運び、延べ300名以上の患者や家族と綿密なディスカッションを重ね、医師や患者家族から導き出された課題や要望をベースとしてアプリ設計に取り掛かりました。
その後、実際に使ってもらう中で、さらに寄せられた声を機能に反映するために何度もアプリ設計を見直すとともに、てんかん専門医にもヒアリングを重ねて2020年3月に誕生いたしました。

「nanacara」という名前の由来には、「てんかんも1つの個性であり、患者さんに寄り添うご家族や支援者、そして社会のみんなが一体となって輝ける、七色の虹のように希望にあふれた世界になるように」という願いが込められております。

この様な世界を作っていくためには、関係各所の様々な方々の協力が必要不可欠であるとともに、我々の取り組みに少しでも興味を持っていただけたら本望です。

nanacaraは、患者様、患者ご家族様、学校の先生、施設の職員さん、てんかんと関わる全ての人にてんかんを通じて、全ての人が行きやすい社会になることを目指します!

患者・ご家族様より感謝のメッセージをお預かりしています

nanacaraサンクスページはこちら

代表 林 泰臣からのメッセージ

「nanacara」に協力いただいた患者や家族から「自分からありがとうございます、と言う事はあっても、てんかんに関することで、他の方から感謝されることはなかった。自分たちも世の中の役に立てる部分があると知り嬉しいです。」
という声をいただき、自分たちもやりがいを強く感じます。
私たちの強みは難病患者とのチーム作りであり、それによって医療・福祉分野での社会イノベーションを創出してたいと思っています。
今後もnanacaraの輪を広げ、てんかん診療の向上、生活の向上にお役立てるよう活動を行ってまいります。