nanacara

nanacara for Doctor

ナナカラ フォー ドクター

nanacara for Doctor

nanacara for Doctor(ナナカラ フォー ドクター)とは

『nanacara for Doctor』は、てんかんの発作記録などを共有・管理ができる患者・家族向けアプリ『nanacara』で記録した発作状況などを、診療時にパソコン等で閲覧できる医師向けサービスです。先に公開したnanacaraのユーザーさんから「nanacaraで記録している発作や動画を診療時に先生に共有したい」とのリクエストが多くいただいたことから、大阪市立総合医療センター 小児青年てんかん診療センター/小児神経内科に協力・監修いただき、2020年10月よりサービスを開始しました。
これにより、てんかん患者さん・ご家族はより正確な情報を伝えることができるとともに、医師は患者の状況をより簡単にかつ正確に把握することが可能となり、てんかん診療の質的向上を図ることが できます。今後も、患者さんやご家族、医師との会話を重ね、てんかん治療の更なる発展につながる製品を目指していきます。

てんかんnanacaraドクター​

サービス概要

『nanacara』で記録した発作情報などを、診療時にパソコン等で閲覧できる医師向けサービス

【診療の効率化を支援】

・患者家族が記録した発作記録を、より正確に、より短時間に確認できます。

・PDF出力により、電子カルテとの連携も可能です。

てんかんnanacaraアプリ​ てんかんnanacaraドクター

導入事例

もっと見る

導入機関一覧

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

他、49施設(北海道(1)、宮城県(1)、福島県(1)、栃木県(1)、群馬県(1)、埼玉県(1)、東京都(6)、神奈川県(4)、千葉県(2)、新潟県(1)、愛知県(6)、岐阜県(1)、京都府(2)、滋賀県(1)、大阪府(4)、奈良県(1)、岡山県(2)、山口県(1)、愛媛県(2)、福岡県(4)、熊本県(2)、鹿児島県(1)、沖縄県(3))
※具体的な施設名をお知りになりたい場合はこちらまでお問い合わせください。

主な機能

よくあるご質問